バイクのコーディネート・服装

バイクに乗る時の服装

バイクは単なる乗り物ではなく、ファッションの一部として捉えられている面もあります。その為、自身の好きな服装でバイクを堪能するのも一つの楽しみ方ではあります。ただバイクは転倒などのリスクのある乗り物でもありますので、安全性を重視する事も大切です。そしてここでは安全にバイクを楽しむ為のおすすめのコーディネートについて解説します。
まずバイクに乗る上で必須になるのがヘルメットですが、できればフルフェイスが望ましいと言えます。最も防御性能の高いヘルメットですので、安全性がまるで違ってきます。反対に最も防御性能が低いのが半キャップですが、やはりできるだけ避けた方が良いでしょう。
続いて上下のコーディネートについてですが、基本は長袖長ズボンです。ただ薄手の長袖などですと転倒した際に殆ど肌を保護する役割はありません。しっかりと肌を守る為にはしっかりとした生地であるライダースジャケットだったり、保護パッドが装備されている長ズボンが安心です。
そして安全性のアップの為にもグローブを装着するのも理想的ですが、グローブはプロテクター入りですと尚安心と言えます。因みにグローブはサイズのあった物を選ばないと細かい動きをし難くなり、ドライビングに影響する事もありますので、購入時にはしっかりと指先の動きまで確認したり、馴染ませてから使用する事をお勧めします。
最後に足元ですが、安全の為にも紐が無いブーツを履くのが良いでしょう。万が一、走行中に解けてしまうと非常に危険です。知らず知らずの内に解けてしまい、ステップなどに引っ掛かって転倒するなどのアクシデントもあり得ますので、紐無しタイプを選ぶようにした方が安心です。バイク用のライディングブーツもありますので、そういったアイテムを利用するのもお勧めです。
このようなコーディネートですと夏場になるとかなり辛い部分もありますので敬遠してしまいがちですが、しかし安全性が最も重要かと思われますので、バイクに乗る際には安全を意識した服装を心掛けましょう。

関連ページ

バイクの有名メーカーの違い|カワサキ派?ホンダ派?
バイクの有名メーカーの違いを紹介しています。バイクのメーカーは大小を合わせると世界中に数多く存在します。
バイクのタイプと特徴
バイクのタイプには種類があります。自分の好きなタイプを見つけて、そのカテゴリーでバイクを選ぶと良いでしょう。