中古バイクの基礎知識

バイクの査定前に知っておきたい知識

 

バイクをスムーズ且つ高く売る為にも査定前の予備知識を持っておく事をお勧めします。
まずは必要書類についてですが、査定前にはどのような書類が必要なのか迷ってしまうものです。必要書類は売りたいバイクによって若干違っていますが、まず125cc以下の場合は標識交付証明書、自賠責保険証、本人確認ができる身分証明書、印鑑が必要です。125cc以下のバイクは廃車手続きをしないと名義変更をする事はできませんが、バイク買取店で代行をしてもらえます。
126cc〜250cc以下のバイクの場合、廃車手続きをしていない時は軽自動車届出済証 、廃車手続きをした場合は軽自動車届出済証返納済確認書及び軽自動車届出済証返納証明書を用意します。後は同様に自賠責保険証や身分証明書、印鑑です。
251cc以上のバイクの場合、廃車手続きをしていない時には自動車検査証を用意し、廃車手続きをしている場合は自動車検査証返納証明書を用意します。他は同様に自賠責保険証、身分証明書、印鑑も準備しましょう。
因みにもし登録に関する書類を紛失してしまった場合でも買取や査定価格に影響しません。また、登録時の名義と住所が分かれば問題もありません。
廃車手続き後に書類を紛失した場合は問題がありますが、廃車証を紛失してしまった時ですと名義変更ができないゆえに転売ができなくなります。これは廃車証に記載されているフレームナンバーが使用できないからです。その為、フレーム以外のパーツの価値での買取になってしまうのです。
査定前に準備しておきたいものとして、純正パーツやカスタムパーツ、その他の装飾部品などもあります。これらのパーツや部品があるとプラス査定になる事がありますので、セットにして査定に出すのがお勧めです。また、できるだけ磨いておくのもポイントです。綺麗なほど好印象を持ってもらい易くなりますので、状態にも気を配ってみた方が良いと言えます。もちろん車体自体も綺麗である事が大切ですので、隅々まで磨いてから査定に出すようにした方が良いでしょう。
"

中古バイクを売るときに知っておきたい基本知識記事一覧

バイクのメーカーは大小を合わせると世界中に数多く存在します。その中でも日本国内はもとより、海外いおいても知名度が高いバイクメーカーとしては7社程を上げることができ、各々に歴史やバイクメーカーとしての出発点などにおいて違いを見ることができます。まず、国内においては4台バイクメーカーとして知られている、ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキを上げることができ、その性能の高さやパフォーマンスの良さから海外にお...

バイクのタイプには種類があります。まずレーサーレプリカです。スーパースポーツなどとも呼ばれていますが、ライディングポジションが前傾姿勢になるのが特徴です。ステップもやや後ろにあり、体重移動がし易くなっています。その為、カーブなどで真価を発揮するバイクですし、例えば峠を攻めて楽しみたいという方に適しています。本格的なレースで使われているバイクを市販用にしたようなタイプですので、高い性能を堪能する事が...

バイクは単なる乗り物ではなく、ファッションの一部として捉えられている面もあります。その為、自身の好きな服装でバイクを堪能するのも一つの楽しみ方ではあります。ただバイクは転倒などのリスクのある乗り物でもありますので、安全性を重視する事も大切です。そしてここでは安全にバイクを楽しむ為のおすすめのコーディネートについて解説します。まずバイクに乗る上で必須になるのがヘルメットですが、できればフルフェイスが...