中古バイクと新車の違い

中古と新車の違いはどこに現れるか。

中古バイクと新車を比較した際の違いとしてまず挙げられるのは、やはり価格についてではないでしょうか。多くの場合は中古バイクの方が価格が安くなっていますので、安く買いたいのなら中古が適していると言えます。ただ中古と一口に言っても程度や装備にはばらつきがありますし、上玉だったりするとそこまで大きな差額が無い事もあります。
中古バイクですと生産が終了してしまったモデルを買えるのも特徴です。不人気モデルだったりすると生産が終わってしまいますので、新車では購入する事はできません。中古バイクですと生産がとっくに終わってしまったようなバイクでも売られていますので、幅広い選択肢の中から選ぶ事ができるのです。
メーカー保証に関しても違いがあります。新車の場合ですとメーカー保証が付いていますので、例えば自然故障などによってトラブルが発生した際には無償で交換や修理を受ける事ができます。その為、安心して乗る事ができますし、その安心感こそ新車の良いところでもあります。

 

一方の中古バイクの場合ですとメーカー保証を受ける事は難しい事があります。販売店によっては独自の保証を設けている事もありますが、保証期間がそれほど長くないケースもありますので、保証期間外にトラブルが発生して実費で修理などをしなければならない事もあるのです。
両者の違いとして故障リスクも挙げられますが、リスクに関して言えばやはり新車の方が低いと言えます。もちろん中古バイクでも程度が良い個体も沢山ありますし、ノートラブルで乗る事ができているケースもあります。しかしながら中古の場合は部品やパーツの劣化などもありますし、製造から時も経っている事がありますので、新車よりも故障リスクが高まってしまうのです。その為、中古バイクを購入する際にはよく状態を確認する事が大切であり、また信頼のできる販売店を利用したり、保証が長い販売店を選んでリスクを下げる事が買い物に失敗しない為のポイントと言えます。

関連ページ

中古バイク購入時のチェック項目
中古バイクを購入したい時に確認しておきたいことや中古バイクの選び方、今もっているバイクの売却方法などを紹介しています。
中古バイクを探す方法
中古バイクを探す時に直接ショップに買いに行くか、ネット上で探すか、大きく2つに分かれますがそれぞれメリットを考えて動くようにしましょう
中古バイクを買うメリットとは?
中古バイクは新車に比べてかなり安いというメリットと、カスタムパーツがそのまま引き継げるという子度がおおきいのではないでしょうか。