中古バイクの選び方

バイクを買うときのチェックポイント

 

バイク購入時のチェック項目

 

バイクを購入する時にチェックしたほうが良いことがあります。バイクは車ほど高くはありませんが、それでも高い買い物になりますので、購入時にきちんと確認しましょう。まずは店の雰囲気です。バイクを購入するのに店の雰囲気は重要か、と思われる方もいらっしゃるでしょう。ですが店は言わばお客との大事な接点になりうる所です。つまりその店が汚ければ、バイクももしかしたら雑に扱っていることも考えられるのです。そのため信用できる店かどうかを取捨選択する必要があります。次はバイクの外観です。汚れがないことや、改造した痕跡がないかを調べます。パッと見ただけではわからない所の汚れを処理してあるかどうかは、店を比べるポイントにもなります。次に値段です。安いと思わず購入したくなりますが、もしかしたら安い理由が見えないところにあるかもしれません。あらかじめインターネットなどで相場を調べておき、相場よりかなり低かったら店員に尋ねたほうが良いでしょう。次に店員の説明の仕方や挙動についてです。欲しいバイクはいつ入荷したのか、見た目以外にどこに問題にあるのか、などを尋ねた時に表情や嘘偽りなく説明しているかどうかを確認し、説明された所以外に問題がないかや店を信用できるかを購入時に把握しましょう。次に補償があるかどうかです。店によっては中古でも、一定期間の補償がある場合があります。あるとより安心なので必ずチェックしましょう。最後は上級者向けで、あえて他店のことを話すことです。このバイク他店の方が安かったな、みたいな感じです。他店はいくらでした、などの値段に対する興味や、値引きしますよ、などのお客の事を考慮してくれる店は信用できると思います。逆にそっぽを向くようなことがあったら、要注意でしょう。他店はライバルであると同時に、同じ生業である仲間でもあります。そのため他店のことは、多少なりとも気になるはずです。そんな時にそっぽを向くのは、お店をより良くすることや、改善するための努力を怠っているように見えてしまいます。見分ける知識を身につけて、優良店で購入できるようにしましょう。

 

 

 

中古バイク購入時のチェックポイント

 

中古バイクの購入に失敗しない為にも購入時にはよく状態を確認しなければいけません。
確認しておきたいチェックポイントとして、まずフレームの歪みについてです。
フレームはバイクの骨格となる非常に重要な部分ですが、転倒や事故によって歪みが生じてしまう事があるのです。良い中古バイク屋の場合は親切に教えてくれる事もありますが、中には特に告げてくれないようなお店もありますので、自身で確認してみる必要があるのです。
フレームの状態を目視だけで確実に判断するのは大変でもあるのですが、フレームの歪みはステアリングヘッド付近をチェックする事によって判断できる事もあります。チェック方法としては、ヘッド付近を中心に見て手で触ったり、シワやヘコミ、塗装のひび割れ、左右の光沢の差などの有無を確認してみましょう。ただ一台の中古バイクだけを確認してみてもあまり分からないかもしれません。その為、もし同じバイクが販売されているようなら、それらと比較をしてみる事で分かり易くなるのではないでしょうか。
続いて中古バイクのチェックポイントとしてハンドルのねじれも確認しておく事をおすすめします。
転倒や事故などによってハンドルが左右に強く切られた場合、フロントフォークのブラケットにずれが発生している場合があります。バイクにまたがりハンドルを真っ直ぐにした際に、フロントタイヤの向きとずれがあるようなら注意した方が良いでしょう。
タイヤやブレーキパッドなどの消耗品のチェックも欠かせません。中古バイクの場合、消耗品に劣化が見られる事がありますが、それらを自身で交換するとなると費用も掛かってしまいます。その為、購入時にはよくチェックをしておいた方が良いと言えますし、また、もし劣化があるようならお店に相談してみるのもおすすめです。もしかしたら交換してくれる可能性もありますし、案外あっさりと交渉に応じてくれる事もありますので相談する価値はあると言えます。

 

 

中古バイク購入時の外観チェック

 

バイクを購入る時新車を購入する人、中古車を買う人それぞれいます。特に中古車は新車に比べると費用も安く済むため多くの方がバイクを中古車で購入します。中古バイクを購入する際、様々なことに気を付けなければなりません。特にバイクの外観は誰もが気になるところです。バイクを購入するときは必ず実物を見てください。最近ではインターネットを使って県外のバイク屋のバイクやインターネットで知り合った人からバイクを購入する人が増えていますがそのようなことはあまりお勧めできません。なぜなら写真で見るよりも実物を見た方が傷が付いている所などをじっくり見ることができるからです。外観が写真で見たのと全然違うということがよくありますがそのようなことを避けるためにもバイク購入時は必ず実物を自分の目で確かめてください。次に気を付けることは親切なバイク屋を探すことです。具体的にはいろいろな相談に乗ってくれてしっかりと整備されたバイクしか販売しないバイク屋です。店によっては傷だらけのバイクを販売していたり傷一つないといってよく見るとマフラーに傷があったりする場合があります。特に初めてバイクを購入する方は多少の傷など気にせず購入される方がいますが後々後悔しないためにも外観をチェックしましょう。具体的にチェックする箇所はまずは塗装です。小さい傷ならあまり目立たないため気にならない方もいますが塗装が剥がれているのはどの色でもかなり目立ちます。特に古い中古バイクは塗装が剥がれている場合が多いです。ほしい中古バイクがあって塗装が気になる場合はバイク屋の人に相談してみてください。次に各パーツの破損です。中古バイクに傷があるのは仕方ないと思う方もいらっしゃると思いますがたまにフロント部分が破損していたりメーターが割れているバイクがあります。このようなバイクは買うことはあまりお勧めしません。修理代やパーツ交換費用で高くついてしまうからです。購入時には必ず自分の気になる箇所はバイク屋の方に聞いてください。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

中古バイクと新車の違いは?
中古バイクを買うか、新車を買うべきか悩む人も多いと思います。ここでは両者の違いなどについて紹介します。
中古バイクを探す方法
中古バイクを探す時に直接ショップに買いに行くか、ネット上で探すか、大きく2つに分かれますがそれぞれメリットを考えて動くようにしましょう
中古バイクを買うメリットとは?
中古バイクは新車に比べてかなり安いというメリットと、カスタムパーツがそのまま引き継げるという子度がおおきいのではないでしょうか。